« 残暑 | トップページ | ラフティング »

カイロプラクティック

腰痛があまりにも酷かったので「カイロプラクティック」に行ってきました。

脊髄を中心に全身、精神ををリラックスさせて指圧マッサージをメインに治療しました。

あんなに酷かった痛みが大分落ち着きました。

姿勢や重心等のアドバイスも受けたので早く回復していきそうです(^-^)

|

« 残暑 | トップページ | ラフティング »

心と体」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!記事を読みました!カイロのとこが気になりました。宜しければ、こちらを参考にしてみて下さい。http://www.chiroinfo.org/topic8.html
日本のカイロはルールがありません。法規制がありませんので、誰でも自由に開業ができます。3ヶ月の通信制でもOKです。いい加減な勉強で開業する人があとをたちません。お陰で毎日ひんぱんに事故が起こっています。カイロ師はピンからキリです。上手か?下手か?は普通見分けがつきません。ただ下手な治療を受けると、そのときは 気持ち良く 一時症状が改善します。しかしその反面、自分が知らないとこで健康な間接が微妙にズレて、バランスが崩れたりします。その後に時間がたって忘れた頃、それが原因でヘルニアや原因不明の慢性病になったりします。なのでカイロ師はよほど慎重に選ばないと危険です。今現在日本のカイロで最高に良質で安全といわれているのは、「国際基準のカイロ」です。「国際基準のカイロ=医者同等の教育を受けたカイロ」で、米国で「国際基準のカイロ=カイロの専門医者」です。医師免許が与えられています。ですが、国際基準カイロプラクターの間でも、技量の個人差があります。なるべく熟練した先生がいいと思います。治療費も他院と同じです。是非参考にしてみて下さい。

投稿: あゆみ | 2007年8月26日 (日) 15時14分

参考のホームページを読ませて頂きました。
私も治療を受ける前に色々とカイロプラクティックの事を勉強しました。
確かに日本国では法制化されていません。
ですので、誰でもカイロプラクティックを開業出来るようです。
明確な基準は世界保健機構(WHO)が行っているのが現状です。
自分が治療を受けている所もWHOの認定を受けているとの事で決めました。

カイロプラクティックに限らず、通常の病院(整形外科等)でも自分に合う治療をするとは限らないと思っています。
その辺の治療については、自分の判断になってくるのではないでしょうか。

投稿: ゆうや | 2007年9月 2日 (日) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211639/16237579

この記事へのトラックバック一覧です: カイロプラクティック:

« 残暑 | トップページ | ラフティング »